{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

荻窪メリーゴーランド

2,200円

送料についてはこちら

  • サイン入り

    ¥2,200

    SOLD OUT

  • サインなし

    ¥2,200

    SOLD OUT

木下龍也と鈴木晴香が挑む、現代短歌の新境地。 言葉の魔術師たちが紡ぎ出す虚構のラブストーリー。 ふたりが演じる彼らは誰なのか。どこにいるのか。 そしてどんな結末を迎えるのか。 目撃せよ。 過去の「恋」をしなかったことにはできなくて、 それを「なくて」もよかったと思えるほど、僕は強くない。 ――木下龍也 美しさと逞しさ、正常と狂気がメリーゴーランドのように、 回転灯のように、走馬灯のように回転し続ける世界。 ほんとうの恐ろしさは、それが終わらないことにあるのかもしれません。 ――鈴木晴香 ※カバー、表紙の画像は現時点でのイメージです。実際の見え方とは異なる可能性があります。 また仕様は予告なく変更になる可能性があります。ご了承ください。 著:木下 龍也、鈴木 晴香 出版社 ‏ : ‎ 太田出版 発売日 ‏ : ‎ 2023/8/29 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 208ページ 木下龍也 きのした・たつや 1988年生まれ。歌人。 著書は『つむじ風、ここにあります』『きみを嫌いな奴はクズだよ』(ともに書肆侃侃房)、『天才による凡人のための短歌教室』『あなたのための短歌集』『オールアラウンドユー』(いずれもナナロク社)。また、共著に『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』『今日は誰にも愛されたかった』(ともにナナロク社)がある。 鈴木晴香 すずき・はるか 1982年東京都生まれ。歌人。慶應義塾大学文学部卒業。2011年、雑誌「ダ・ヴィンチ」『短歌ください』への投稿をきっかけに作歌を始める。歌集『夜にあやまってくれ』(書肆侃侃房)、『心がめあて』(左右社)。2019年パリ短歌イベント短歌賞にて在フランス日本国大使館賞受賞。塔短歌会編集委員。京都大学芸術と科学リエゾンライトユニット、『西瓜』所属。現代歌人集会理事。

セール中のアイテム