{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

プールの底から月を見る

1,400円から1,700円

送料についてはこちら

  • 表紙ステッカー(50mm×50mm)セット

    ¥1,700

  • 書籍のみ

    ¥1,400

★初回特典のオリジナルカバー配布は終了しました(2022/12/12追記)。 著:星野文月 発行元:株式会社 SW 発売日:2022年11月27日(日) 判型:B6(128mm×182mm) ページ数:128P WEBメディアStoryWriterにて連載されたエッセイ『プールの底から月を見る』を新たに改稿し、限定の書き下ろしエッセイも多数収録した新作ZINE。 著者が東京から長野に移住したことを契機に、過去・現在・未来の出来事を水中に潜り込むように思索し、「書く」という行為をもって、人それぞれが持つ思考や感情を大切にすることを模索したエッセイ集。一見淡々とリズミカルに綴られた文章には、たくさんの想いが込められています。 表紙イラスト、挿絵を手掛けたのはイラストレーター・いとうひでみ(『Class X』(左右社)など)。水面にたゆたうような文章にあわせ、全て描き下ろされたイラストになっています。 目次: はじめに-水底の日々- / 冬の匂い、暗闇で痛みは鳴るから / あこがれを束ねて燃やす /高速バスで / I'm here. You are OK . / I remember nothing . / 春の亡霊 / 静かな湖 / 金魚の卵が降る朝に / 幸福な呪い / 真夜の現在地 / 羽化するときは、ひとり / 夏のまぼろし / たましいの救済 / 人は遠くなる星 / あとがき 星野文月(ほしの・ふづき) 1993 年長野県生まれ。文筆家。本屋・栞日選書担当。著書に『私の証明』(百万年書房)、ZINE『Summer end』など。 https://twitter.com/fuzukidesu1

セール中のアイテム