original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

パンダのうんこはいい匂い

1,980円

送料についてはこちら

  • 直筆メッセージ入りシール封入

    ¥1,980

  • 特典なし

    ¥1,980

  • 直筆メッセージ入りポストカード封入

    ¥1,980

  • 直筆サイン入り

    ¥1,980

    SOLD OUT

以下から特典を選べます(数量限定)🐼 ・著者直筆サイン入り ・直筆メッセージ入りポストカード封入 ・直筆メッセージ入りシール封入 著:藤岡みなみ 出版社:左右社 発売日:2022/8/18 判型/ページ数:四六判 並製 224ページ パンダ好きが高じて四川省でパンダ飼育員体験、四川省出身の義母が洗面台に泳がすフナ、ラスベガスで生ハム地獄、首吊りショーで生き死にを考え、映画を作っては他者の身体を想像する。海外での体験のみならず、暮らしの中での「異文化」をユーモラスに綴る、藤岡みなみ初のエッセイ集! 幼い頃からパンダが好きで、気がついたら四川省出身の人と結婚していた。現在、義理の両親と共に暮らしているのだが、帰宅すると洗面台にフナが泳いでいるなど、いつも新鮮な驚きがある。(中略) これまで異文化とは、旅の中で出会うようなものだった。今では異文化は当たり前の日常の中にある。しかし、それは習慣の異なる人と生活しているからなのだろうか? 本当はもともと日常の中にあったのではないか。奈良に住む私の祖母は庭にパラソルを出して天ぷらを揚げる。しらたきの上にミカンを盛りつけたりもする。極端な話、人が2人以上いればそれはすべて異文化交流なのかもしれない。(中略) イメージと実際の姿は異なることが多い。パンダのうんこはいい匂いがする。異文化とは線を引くものではなく、身体を使って行き来するものだと思う。すべての知らないこと=異文化に触れ、自分自身のかたちがどんどん変化していった日々をエッセイにした。(中略) 一緒に未知の香りをかいでみるつもりで読んでもらえたら嬉しいです。 「はじめに」より

セール中のアイテム