{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

SAUNTER Magazine Vol.04

¥2,310 税込

送料についてはこちら

特集「食で繋がる旅 / Eating, Connecting, Traveling」 1) 青葉市子 島の恵みをいただく/屋久島 旅人:青葉市子 写真:阿部裕介 文:大石始 シェフ:林謙児(sankara hotel&spa) 音楽家の青葉市子が初めて屋久島へ。旬の島食材を使って料理に挑戦します。 2) 城戸雄介×原川慎一郎 陶芸家のルーツと展望を辿る/坊津(鹿児島)、雲仙(長崎) 旅人:城戸雄介(ONE KILN) 写真:磯畑弘樹 文:栫英子 シェフ:原川慎一郎(BEARD) 鹿児島を代表する陶芸家の城戸雄介が、自身のルーツである坊津、さらに雲仙の原川慎一郎シェフを訪ねます。 3) 魅惑のスパイス/沖縄、インド Chapter_1 根本きこ スパイス料理とローカルガストロノミーの可能性/沖縄 写真:加戸昭太郎 文:樋口実沙 シェフ:根本きこ(波羅密) 沖縄で栽培されたスパイスを使ってカレーを作る根本きこさんを、今帰仁に訪ねます。 Chapter_2 芳野幸雄 スパイスでローカルの食を再構築/沖縄 写真:加戸昭太郎 文:樋口実沙 旅人芳野幸雄(やんばる畑人プロジェクト) 沖縄でのスパイス栽培の仕掛け人、芳野幸雄さんを訪ね、やんばるの畑へ。 Chapter_3 コムアイ×小林真樹 南インドの風が吹いた/インド料理対談 写真:中村力也 文:樋口実沙 旅人コムアイ×小林真樹(アジアハンター代表) インド料理好きアーティストのコムアイと、「食べ歩くインド」著者の小林真樹さんによる注目スパイス対談。 4) 私のネパール物語/ネパール Chapter_1 石川直樹 パンデミックの時代におけるネパール旅行と食 コロナ禍のエベレスト街道を、写真家の石川直樹が訪れました。 Chapter_2 稲葉香 冬のドルポ 第25回植村直己冒険賞受賞者、稲葉香さんのネパール最奥の地ドルポ滞在記。 Chapter_3 本田遼 ネパールのカジャ 大阪「ダルバート食堂」東京「OLD NEPAL」オーナーシェフ、本田遼さんのネパール食紀行。 Chapter_4 吉池浩美 記憶のチャイを繋ぐ 紅茶店「mimiLotus」店主、吉池浩美さんのチャイに特化したネパール滞在記。 5) 山戸ユカ 思いの詰まった山ごはんを携えて/北アルプス、八ヶ岳 写真:加戸昭太郎 文:一ノ瀬伸・千葉妙 シェフ:山戸ユカ(DILL eat,life.) トレイルフード「The Small Twist Traidfoods」を携えた山紀行と、その生産者・山戸ユカさんを八ヶ岳に訪ねます。 6) 松田すみれ カカオに出逢う旅/バリ島 京都ローチョコ専門店「Cacao Magic」オーナー、松田すみれさんのバリ島カカオ旅。 7) タイアップ旅ストーリー Chapter_1 haruka nakamura/CHiNPAN 空気をデザインする supported by cado 写真:中村力也 文:大石始 ゲストharuka nakamura、CHiNPAN 音楽家のharuka nakamuraと、水墨画アーティストのCHiNPAN。2人に聞く空気をデザインする話。 Chapter_2 中国・桂林で自生する“長寿の神果” supported by LAKANTO S / SARAYA 写真:440 project 文:杉田古城 “長寿の神果”と呼ばれる羅漢果を求めて、中国の桂林を訪ねます。 8) 食で繋がる旅のエッセイ 旅人:高山都(モデル)、小倉ヒラク(発酵デザイナー)、上出遼平(TVディレクター)、養老孟司(解剖学者) さまざまなゲストによる、食にまつわる書き下ろしエッセイ。 STAFF 編集長・発行人: 国本真治 アートディレクター: 佐々木啓光 編集アドバイザー: 柴田隆寛