Subsequence Magazine Vol.4
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/13

Subsequence Magazine Vol.4

¥4,620 税込

送料についてはこちら

『Subsequence』のタグラインは「Arts & Crafts for the Age of Eclectic」。意味は「"折衷"時代のアーツ&クラフツ」。 世代/性別/人種/国籍その他にとらわれることなく、世界中の工芸と文化にまつわるトピックを幅広く取り上げ、また編集制作にも国内外のスタッフが参加する。 未だ知られざる新鮮なネタ、オリジナルな切り口をモットーに、まさしくその仕事を愛する職人が工芸品を作り上げるような、丁寧な誌面づくり。近年、久しく忘れていたような、じっくりと、かつ気ままに未知の世界を彷徨い歩くような読書の楽しみを提供。 ◆第4号の内容 今号は特別付録として、スタイリスト、スティーブン・マンのディレクションによる24ページに及ぶスペシャルファッションストーリーの別冊付き。4号のテーマは「Small Talk」。気の会う相手との何気ない会話や気軽なおしゃべりを楽しむ、そんなたわいもない時間の大切さに改めて目を向けたいと考えました。 コンテンツ: エッセイ 西加奈子/モニカ・カウェッキ/高城昌平/大森克己 特集 三つの雑談 森啓子+山田紗子/キャスリーン・ライリー+白鳥みのり/ピコ・アイヤー+永井佳子 その他コンテンツ  40年越しのマリア/「スヴェンスク・テン」が残してきたもの/幻の赤穂段通に魅せられて/ラビット・スクーターを蘇らせる。/失われつつある、ニッポンのアナログ写真術について。/中村ヒロキとの雑談 他 別冊付録: This is the Life (visvim WMV Spring and Summer 2021)/スタイリング: スティーブン・マン 参加クリエイター: 坂口恭平/坂口アオ/アレクサンダー・ロータースタイン/ジェリー鵜飼/タマラ・ショプシン/石塚元太良/ナカバン/鶴見昂/中村ヒロキ/中村ケルシー 他 雑誌仕様: 日英バイリンガル 156ページ、オールカラー/別冊付録: 24ページ、オールカラー 260mm×372mmの大判サイズ/別冊付録:A4サイズ