文學界(2021年2月号) (創刊1000号記念特大号)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

文學界(2021年2月号) (創刊1000号記念特大号)

¥1,300 税込

送料についてはこちら

出版社 : 文藝春秋 発売日 : 2021/1/7 文學界2021年2月号 創刊一〇〇〇号記念特大号 【24人による創作特集】 青山七恵「喝采」 絲山秋子「黒蟹営業所」 上田岳弘「アマビエ」 円城塔「伊勢物語」 小山田浩子「はね」 金井美恵子「「ろまんさ」―切手アルバム―」 黒井千次「次の家」 黒田夏子「けむりばこ」 柴崎友香「知らなかった、と人々は言った」 島田雅彦「散歩者は孤独ではない」 高橋睦郎「濤と火と」 滝口悠生「ラーメンカレー」 田中慎弥「手紙」 多和田葉子「陰謀説と天狗熱」 津村記久子「レスピロ」 長嶋有「願いのロレックス」 西村賢太「廻雪出航」 藤野可織「ぴぃぴぃといっしょ」 古川真人「揚子江の大きなヒラメ」 保坂和志「同伴者」 村上龍「ホテル・サブスクリプション」 山下澄人「石垣を破る」 山田詠美「私の愛するブッタイ」 吉村萬壱「死者にこそふさわしいその場所」 【17人によるエッセイ特集 文學界と私/作家の節目】 朝吹真理子「ローストビーフ」 阿部和重「Turn Of The Century」 今村夏子「日記とエッセイ」 角田光代「三十年の恐怖」 金原ひとみ「タシャとボネッ」 柄谷行人「思想家の節目」 髙樹のぶ子「『この野』」 辻原登「オデッサまで」 平野啓一郎「奇妙な一年」 又吉直樹「作家の節目ちゃん」 町屋良平「舐められていたい私」 松浦理英子「絶縁のち復縁」 宮本輝「同人誌のころ」 村田沙耶香「文學界と蟹」 柳美里「道行き」 吉田修一「山を越える」(インタビュー) 綿矢りさ「果てしなくないプール」 【インタビュー 私が出会った文豪たち】 川端康成さんの凝視(黒田夏子) 埴谷雄高のダンディズム(島田雅彦) 私の実在を保証してくれた吉岡実(金井美恵子) 河野多惠子さんに教わったこと(山田詠美) 【座談会】 最果タヒ×高山羽根子×谷崎由依×遠野遥×古川真人×李琴峰 「小説は時間がかかる」 鴻巣友季子×安藤礼二×江南亜美子「21世紀の日本文学」 【評論】佐久間文子「文學界事件簿」 【新連載 小説+音楽エッセイ同時連載始動!】高橋弘希 「音楽が鳴りやんだら」「近現代音楽史概論B」 【巻頭グラビア】「文學界」表紙の変遷 【Author's Eyes】近藤聡乃「天井から降ってきた猫」 【論考】若松英輔「死者の沈黙」 【文學界図書室】 星野智幸『だまされ屋さん』(日比嘉高)/田中慎弥『完全犯罪の恋』(村上克尚)/町屋良平『ふたりでちょうど200%』(海猫沢めろん) 【強力連載陣】山内志朗/落合陽一/松浦寿輝/木村衣有子/犬山紙子/柴田聡子/武田砂鉄/鳥澤光/荒木優太